100%

権田陽彦

Author Image

教育

注目すべき賞

プロフィール

コース

1
IoTに対するペネトレーション実践コース
有効期限: 3か月

コース名:IoTに対するペネトレーション実践コース

-IoTネットワーク(イーサーネット)へのペネトレーション編-

受講期間:3か月(91日)

標準学習時間:4時間

(内、ビデオ聴講時間2時間、ビデオに基づく受講者によるペネトレーションテストの演習、参考資料の学習時間を含む)

コース修了条件:各種クイズの正解率 70%以上

(修了証書のCPE時間は、上記標準時間となります)

1.コースの目的 IoTに対するペネトレーションテストを基礎から学びたい方向けのコースで、主にネットワークへのペネトレーションテストの目的、テストの実施手順等についてわかりやすく概要を説明します。また、模擬環境に対するネットワーク(イーサーネット)のペネトレーションテストを行うことでさらに理解を深めます。
2.受講対象者 ・セキュリティを意識したIoT開発に携わる方、または将来的に携わる方

・IoTに対してペネトレーションテストを含むセキュリティテストに携わる方、または将来的に携わる方

3.受講の前提知識 ・ネットワークに関する基礎知識

・Linux環境でのターミナル(端末)の操作の基礎知識

・情報セキュリティの基礎知識

4.注意事項 ・Q&Aについて

本講座ではIoTペネトレーションテストに関しての知見を一般向けに解説したものになります。講師及び受講者の所属組織の業務や就業環境への関連性の高い質問には回答いたしかねますのでご了承ください。

・本講義で学んだ技術の悪用禁止

使用者の許可なく外部サーバやシステム等にペネトレーションテストまたはその一部を絶対に行わないでください。

5.講師 権田陽彦

(国内一般企業において社内開発製品及び社外製品のセキュリティテストに従事)

6.カリキュラム 1.IoTに対するペネトレーションテストとは

・ペネトレーションテストとは

・ペネトレーションテストと脆弱性診断の違い

・IoTに対するペネトレーションテスト

・ペネトレーションテストの構成イメージ

2.ペネトレーションテストの流れ

・ペネトレーションテストの実施手順

①侵入口の洗い出し&攻撃シナリオ作成

②スキャンによる情報収集

③エクスプロイトによる再現確認

④ポストエクスプロイト

⑤レポート作成

3.IoTペネトレーションテストの実践

・環境構築

・IoTを模擬したターゲットに対して簡単なペネトレーションテスト のデモ

① 侵入口の洗い出し&攻撃シナリオ作成

② スキャンによる情報収集

③ エクスプロイトによる再現確認

・IoT特有のポストエクスプロイトの例示